第22回愛媛県アンサンブルコンテストに出場しました!

――こんにちは。おなじみHです。今日は遅くなりましたがアンサンブルコンテスト(通称アンコン)のご報告をさせていただきます。この大会は上限16人の少人数アンサンブルという人数制限があるため、I.C.Choraleからは複数の団体が参加しました。

 

出演順にご紹介します。

 

Lark Queen(団内初の女声合唱団となるはずが天候悪化により欠員で棄権)

Masada Youth Choir

いよサル(県内の合唱団であるChorsalさんとの夢のコラボ合唱団)

男声合唱団キングサーモン

I.C.Chorale

 

以上の5団体がそれぞれ素敵な演奏をしました。今日はその中からMasada Youth Choir、男声合唱団キングサーモン、そしてI.C.Choraleの3団体のメンバーから感想、報告をいただいています。少し長い記事になってしまいますが、どうぞ最後までお付き合いください。

 

最初はMasada Youth Choirです。

 

 

 

『こんにちは。Masada Youth Choir(以下MYC)代表を務めてますMasadaです。

「愛媛でBarbershop Harmonyをやりたい!」という気持ちでI.C.Choraleと愛媛大学合唱団のメンバーを中心に今年に入ってから本格的に練習に入りました。

 

本番はとても楽しく一瞬で過ぎました。何か楽しかったってことしか覚えてないです笑

 

まさか金賞を頂けて、さらに朝日新聞社賞まで頂けるとは思いませんでした(^^;

 

Barbershopはとても自由度が高い合唱スタイルです。要は「かっこよければ何でもいい」のです!

 

私自身人生初めてのアンサンブルコンテストへの参加だったのですが、少人数アンサンブルの魅力と難しさを感じました。

 

今回MYCでオンステしていただいた方々には本当に感謝しかありません。思いつきの企画がここまで盛り上がったのは、お世辞でもなんでもなく素晴らしいメンバーがいてくれたおかげです。

 

そんな素晴らしいメンバーと一緒にかっこいい曲が歌えるMYCは今後も月1回活動していこうと思っています!是非是非ご参加下さい!

 

まとまりない文章ですが、こんな感じで楽しくやっているMYCでした。』

↑お決まりの「This is Barbershop!!」の決めポーズです('ω')

 

 

続いては、男声合唱団キングサーモンの方です。

 

 

『こんにちは!Mohnyoです。キングサーモンではセカンドテナーのにおりました。

 

さてさて愛媛県アンコン、先に終わっての感想を書くと、個人的にはたくさんいい経験しました。人生初のバーバーショップ、指揮者、福島の全国大会行き決定…それはさておき、キングサーモンというのは、ほとんど経験のない男声合唱でのステージでした。

 

実はキングサーモン(というかいよコラのだいたいの団体)にアクシデントが発生していました。覚えていますか?アンコンの日のこと!史上最強だか何だかわからない寒波が押し寄せ、開催すら危ぶまれていましたね!!これの影響で当日オンステできなかった遠隔組のメンバーが複数いました。

 

で、どうなったか。キングサーモンのパートの振り分けは「Ten.1が4人、Ten.2が1人、Bari.が2人。Bas.が2人」ということになりました。なんとまぁ^^;セカンドも3人の予定でしたが僕ひとりになっちゃいましたとさ。しかしやはり仕方ないことなんですね!寒波が悪いっ!!!w

 

当日。僕は先に3つの団体の演奏を終え、しばらくしてキングサーモンの演奏に臨みました。パート1人ということでミスはまぁまぁありました。まだまだ未熟だなぁってね。1人でしっかりセカンドの役割こなせたらなぁというね、、、

 

しかし、こういうめったにない経験が自分を高めてくれているようにも思います(強引にポジティブにとらえているように見えますが、間違いないと思います)。1人で1パート歌うのも、指揮者やってみるのも、大学の同回生のみなどめったにないメンバーで集まって歌うのも、とにかく新しい発見があることでしょう。僕はいくつも収穫ありましたよ!

 

そしてやはり、素直に楽しかった。演奏曲の木下牧子先生の虹、上田真樹先生の酒頌、どちらも名曲です。当時は単純にリベンジしたい!って思いが強かったけど、今はこの曲たちを歌うのが楽しいからまた歌いたい!っていう気持ちが強く、愛唱曲のように思っています。

 

最後に、キングサーモンもちゃっかりゴールド金賞いただいております。なんだかんだ頑張った、うん。次のステージいつになるんやら、お楽しみに…』

↑残念ながらフルメンバーではありませんが・・・・・・・

 

 

最後に、I.C.Choraleチームのメンバーからです。

 

 

『みなさんこんにちは♪ソプラノのUです!

 

―アンサンブルコンテスト県大会について―

 

今回私は、アンサンブルコンテスト初出場でした!

仕事の都合でなかなか練習に参加できなかったり、メンバーのみんなにはいろいろと迷惑をかけてしまいましたが、、

大会に一緒に出場させてもらえたこと、とてもとても感謝しています。

 

―アンコン練習―

 

アンコン本番までの練習では、たくさん新しいことが発見できて、とにかく新鮮な時間でした。

 

大人数での合唱とは違い、1人ひとりの声がしっかり聞こえて、誰がどんな声で歌っているのか、個性も長所もたくさん見つけられたし、みんなを知る良い機会にもなりました。

 

次の練習が、いつも待ち遠しかったです…♪

 

―アンコン本番―

 

本番当日は、とっても寒かったです…

この寒波のせいで、本番にのれなかったメンバーいました。

それが、すごく寂しくもあり、すごく残念でした…だからこそ、県大会に出られなくなってしまったメンバーのためにも、全国大会に行きたい!という気持ちは強かったです。

 

本番直前は持ち前の緊張症を発揮してしまい、すごくドキドキして、どうしよう!!ってなってしまっていたのですが、みんなが堂々としてる姿をみて一気に緊張もほぐれて、本番はいつになく落ち着いた演奏ができたと思います。

 

みんなの姿が本当に頼もしかったです!

 

―他の団体の演奏―

 

私は、混声組の1団体のみ参加だったので、他にも多くの団体の演奏を聴くことができました。

参考にしたいこととか、こういうとこもっと良くなるかも!ということとか、他の団体と比較もできたり、様々な面から学ぶことができました。

 

いよコラのメンバーもたくさん出ていて、みているのが楽しかったです♪

 

―結果―

 

結果は金賞で、無事全国大会に出場が決まりました♪

果発表まで少し時間が空いたので、その間はずっとソワソワしながら待ってました…笑

全国大会出場が決まったというのが分かった瞬間は本当に本当に嬉しかったです!

喜びと同時に感謝も大きくて、まず今回の大会に参加できたこと、みんなと一緒に歌えたこと、ぜんぶ感謝でした。

 

全国大会は仕事の都合で参加できないのですが、みんなが悔いのない演奏ができるよう、聴く人の心に響く素敵な舞台になるよう、全力で応援させてもらいます!!

頑張ってくださいね!楽しい報告待ってます♪』

↑みんないい笑顔です…♪

 

――天候悪化など様々なアクシデントもありましたが、みなさんにとって素敵な時間となったようでなによりです。I.C.Choraleチームは3月末に福島県で開催される全国大会への出場権を獲得しました。そちらのご報告もいずれさせていただきます。

 

それでは長くなってしまいましたが、アンコン県大会のご報告でした。

これからも様々な活動を通して成長して参りますので、I.C.Choraleをよろしくお願い致します!